高齢者介護事業 ホームヘルプサービス 主なサービス ご利用料金について よくある質問
訪問介護


よくある質問

ホームヘルプサービス(訪問介護)を利用するにはどうしたらいいですか。
   
ホームヘルプサービス(訪問介護)をご利用の場合、まずはケアマネジャーを通じてお申し込みください。ケアマネジャーが付いていない場合は社会福祉法人伯耆の国のケアマネジャーにご相談ください。
その後、サービス提供責任者と心身の状況についての確認や利用日、時間帯、援助内容についてのご相談を行い、契約書を交わして利用開始となります。
   
   
ホームヘルプサービス(訪問介護)ではどのようなことをやっていただけますか。
   
介護保険でご提供するサービスは、大きく分けて生活援助と身体介護に分かれます。
生活得援助とは家事等身の回りの支援を行うことが中心となり、身体介護は入浴や排泄など身体介護が主体となります。
   
   
夜間・早朝や休日にも訪問してもらえますか。
   
夜間・早朝や休日については、ご本人・ご家族の状況やサービス提供体制を考慮して個別に検討させていただきますので、サービス提供責任者にご相談ください。
   
   
介護予防の場合どのような援助を行っているのですか。
   
介護予防とは、要支援の方に対し、その方の心身の能力が低下しないよう支援を行うサービスです。よって、たとえば家事援助の場合、利用者さんと一緒に買い物を行い、一部介助しながら一緒に調理を行うなどのサービスとなります。
ご本人およびご家族、ケアマネジャーと相談の上、どのような援助が最も適切か検討の上、最適なサービスをご提供します。
   
   
週に何時間くらい利用できますか。
   
在宅での介護の場合、ホームヘルプサービス(訪問介護)だけでなく通所介護や短期入所と組み合わせて使うことができますので一概には言えませんが、要介護1の方の場合、1日2時間の身体介護を週5回まで利用することが可能です。
   
   
ケアプラン作成を依頼するにはどうしたらいいですか。
   
まずはお電話にて各事業所のケアマネジャーにご相談ください。その後、ケアマネジャーが訪問し、ご本人・ご家族の状況に応じ最適なケアプランの作成と、必要な手続きについて調整いたします。
また、要介護認定がお済みでない場合も手続きを代行することができますのでご相談ください。
   
   
平日は仕事で不在なのですが、土日や朝夕も相談できますか。
   
お電話にてお問い合わせの際、ご都合のよい時間帯等をお申し付けください。基本的に土曜日・日曜・祝日と夜間は窓口は開設していませんが、ご本人・ご家族とのご相談やご自宅への訪問につきましては、個々のケアマネジャーがご都合に合わせ対応させていただきます。